豊田ビールがインターナショナル・ビアカップ2018で金賞受賞

日野市豊田には、多摩地域最古のビール工場がありました。
明治19(1886)年にビールが造られていました。

そのビールを復活させようと地域の方々が取り組み、更に地元で原材料の麦を育ててall HINO maltのビールが今年生まれました。
畑での麦踏には地元の小学生も参加。
インターナショナル・ビアカップ2018でなんとダークラガー カテゴリーチャンピオンに輝いたのです。限定生産で手書きのロット番号が付けられた このビールは、シャンパンのようなコルクの栓です。

http://toyoda-beer.tokyo/


ロットNoは関係スタッフの手書きです。

 

Pocket